愛知県「緊急事態宣言」発出にあたり事業者の皆様へのメッセージ(1/13発表)

「営業時間短縮要請の期間延長及び感染防止対策の強化について」

 愛知県の感染状況は、本日の新規陽性者が431人と、過去最多を記録するなど、厳しい状況が続いております。
 国においても、本日、首都圏・1都3県を対象に、緊急事態宣言を発出し、2月7日(日曜日)までの期間、外出の自粛や飲食店に対する営業時間の短縮要請の強化を始めとする緊急事態措置の実施が決定されたところです。
 このため、本県においても、第3波の克服に向け、首都圏における措置に準じ、県内全域を対象として実施している営業時間短縮要請を2月7日迄延長するとともに、県民・事業者の皆様に「特にお願いする感染防止対策」として、夜間の不要不急の外出や1都3県への移動自粛など対策をとりまとめました。
 県民・事業者の皆様には引き続き、感染拡大の防止にご協力いただきますようお願いいたします。

https://www.pref.aichi.jp/uploaded/life/324853_1271221_misc.pdf

以下事業所向けの部分を抜粋(一部省略あり。全文は上記URLからダウンロードください)

⑤営業時間短縮と感染拡大予防ガイドライン等の徹底
ア 営業時間短縮の要請
○ 県内全ての食品衛生法に基づく飲食店営業・喫茶店営業の許可を受けた飲食店・カラオケ店(以下「飲食店等」という。)に対し、次のとおり要請します。なお、デリバリー、テークアウトによる営業は要請の対象外とします。
【1月14日から1月17日までの間】
県内全域の「酒類を提供する飲食店等」に対し、5時から21時までの営業時間の短縮要請を継続します。
【1月18日から2月7日までの間】
県内全域の「飲食店等」に対し、5時から20時までの営業時間の短縮を要請します。酒類の提供は11時から19時までとして下さい。
○ 上記の要請に応じない店舗に対しては、必要な措置を行います。
イ 営業時間短縮の働きかけ
○ 施設に人が集まり、飲食につながる可能性がある施設については、5時から20時までの営業時間の短縮に協力を依頼します。酒類の提供は11時から19時までとするよう依頼します。
ウ 業種別ガイドラインの遵守等
○ 全ての施設で、業種別の感染拡大予防ガイドラインや県の感染防止対策リストを遵守し、感染防止対策の徹底を強くお願いします。
○ 事業者は、「安全・安心宣言施設」ステッカーを掲示し、利用者に施設の安全性と感染防止対策への協力を呼び掛けて下さい。
○ 利用者は、ステッカー掲示施設など安全な施設を利用し、感染防止対策の徹底に協力をお願いします。
⑥ テレワークの徹底等
○ 事業者は、「出勤者数の7割削減」を目指すことも含め、接触機会の低減に向け、テレワークやローテーション勤務の徹底をお願いします。
○ 事業の継続に必要な場合を除き、20時以降の勤務を抑制するようお願いします。
○ 時差出勤、週休や昼食時間の分散化、テレビ会議の活用、感染リスクが高まる「5つの場面」を避けるなど、通勤・在勤時の三密を防ぐ取組の徹底をお願いします。
⑦ 職場クラスターを防ぐ感染防止対策
○職場・寮での手指消毒、マスク着用、職員同士の距離確保、換気の励行、複数人が触る箇所の消毒、発熱等の症状が見られる従業員の出勤自粛、テレビ会議の活用、感染リスクが高まる「5つの場面」を避ける行動などの感染防止対策を徹底して下さい。
○ 特に、休憩室、更衣室、喫煙室等、職場での「居場所の切り替わり」に注意するよう周知して下さい。
○従業員に、基本的な感染防止対策の徹底や、会食の自粛を呼び掛けていただくようお願いします。
⑧ イルミネーション等の早めの消灯
○ 事業者は、20時以降のネオンの消灯と、イルミネーションの早めの消灯に協力をお願いします。