メッセナゴヤ2019共同出展結果報告

当会では、本年度、働き方改革推進のため、当会構成会員事業所の労働条件改善を図り、時間外労働の削減や賃金引上げに向けた取組を実施するべく、厚生労働省による「時間外労働等改善助成金(団体推進コース)」の交付採択を受け、当会構成会員事業所の生産性向上に、創意工夫を凝らして製造・販売をする既存製品等の普及及び販路拡大を図る目的で、名古屋市内で開催された日本最大級の異業種交流展示会へ、希望する当会構成会員事業所3社で共同出展を実施しましたので、当会構成会員事業所へ、広く働き方改革推進モデルとしていただくため、本事業の結果を報告します。
1 出展展示会の概要
(1) 展示会名 第14回メッセナゴヤ2019
(2) 主  催 メッセナゴヤ実行委員会(構成団体:愛知県・名古屋市・名古屋商工会議所)
(3) 会  期 令和元年11月6日(水)~11月9日(土)
(4) 開催場所 ポートメッセなごや(名古屋港金城ふ頭)
(5) 開催目的 業種・業態の枠を越えて各出展者の持ちよる製品やサービスを国内外に広く
情報発信し、販路拡大や人脈形成を図る国際総合展示会で、活発なビジネス
交流を展開する国内最大規模の異業種交流会。
(6)開催規模 ア 出展社数等 1,422社・団体、全1,727小間
(国内38都道府県、海外15か国・地域)
イ 来場者数  4日間合計 62,422名
2 出展者アンケート結果(()所見)
(1) 出展成果
非常に満足 1社、やや満足 1社、普通 1社、やや不満・非常に不満 0
コメント:当会からの出展者は2/3が満足と全体の平均(60%)と同程度
(2) 来場者・出展者との商談
ア ブース来場者・訪問者数
3社合計1,400名(社)平均466名(社)(全体の平均よりやや多い)
イ 名刺交換数
3社合計 222名(社)、平均74名(社)(全体の平均よりやや多い)
ウ 来場者・出展者との商談数
3社合計27件
成果 成約した1件、見積もりを提出1件、サンプルや資料を提出1件、
会期終了後詳細を固めることにした1件、情報交換2件
エ 出展の成果
大いにあった 1件、ややあった2件、あまりなかった・なかった0件
(全体のアンケートでは約半数しか成果があったとの意見が無い中で、当会の全出
展者に成果があったと回答。)
3 その他意見・要望
・自社の製品が、様々な分野で広く受け入れられることに確信が持てた。
・商工会での共同出展であるから、来場者は信頼してブースへ立ち寄っていただけると思う。今後とも貴会による共同出展継続を希望する。
4 総括
出展者へのアンケート結果から、出展者に成約が1件あったのは成果として満足。ほかに
も販路拡大につながる商談が数件あり、出展の成果が十分に見られるなど、全出展者に成果
があったとの回答には満足できる。
また、当会構成会員事業所である小規模事業者が単独で出展するより、当会として共同出
展していることで、来場者も安心して訪問いただけるとのご意見があり、当会として継続
してこのような大規模な展示会に出展することは、意義があると思われる。
今回出展した当会構成会員事業所では、今後新たな販路が広がることで収益率が高まり、
労働条件の改善が進み、時間外労働の削減や賃金引上げに向けた取組が期待される。
今後、幅広く当会構成会員事業所が、収益性の改善を図るための新たな取り組みや、このような展示会に積極的に出展し販路拡大を図ることを期待したい。